FC2ブログ
毎日、元気にジムで頑張っています。 日々の出来事を読んでくださいね。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月17日 (水) | 編集 |
歌舞伎座さよなら公演 2月大歌舞伎 17代目中村勘三郎23回忌追善

あと75日201002151010000あと

歌舞伎座は、沢山の人が、記念撮影をしていました。
201002151011000正面

連日満員で、3階席の一幕見までいっぱいです。

姉が鳳凰会の会員になっているので、いつも、良い席で観られます。
姉「ちーちゃん、ゴメンネ 鳳凰会に手紙出すのが遅れて、
あまり良い席では無いのよ。」と言っていたけど・・・・
一番前の右から5番目の席でした。
「よく見えるよ、一番前よ。。。(これじゃー寝ていられないぞ)」

爪王・・・鷹匠が吹雪と名付けた鷹(七之助)をつれて、悪い狐(勘太郎)を
退治しに山に放つが敗れてしまいます。悪い狐役の勘太郎の踊りは、本当に
怖い顔をしていました。迫力があり驚きました。
七之助の鷹は、女形でとても綺麗でした。 (二人とも大きくなったわね。)


俊寛・・・17代目の勘三郎、最後の舞台だった俊寛を18代目が演じます。

口上・・17代目を偲んで、追善口上を述べる一幕
普段、聞く事の出来ないエピソードを話します。

ぢいさん、ばあさん・・・美濃部伊織(仁左衛門)と妻のるん(玉三郎)
夫婦の情愛が感動的な名作です。


帰りは、雨が降って寒かったので、歌舞伎座の前から地下鉄で上野まで
一緒に行き、お茶してから、電車に乗るまで一緒に・・・・
座れてよかったね。。。また会おうね。。バイバイ

姉との楽しい一日でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。